マンションの管理会社の選び方のポイント

得意としている業務内容をチェック

マンション管理会社はどこでも大差はないと考えてしまいがちですが、実際には依頼先により異なる点は多々あるのでしっかり比較して複数に相談してから決めることが大切です。一口にマンション管理といっても、会社により得意としている業務内容にも違いがあるので、依頼したいと考えている内容を得意としているかに注目しておく必要があります。独立系は親会社によるしがらみがなく、他の会社からの変更により顧客を得ているので、料金や対応に自信を持っていることが多いです。ビルメンテナンス系は建物の整備や保守だったり清掃を得意としていて、建築や設備の技術者が多いのも特徴です。デベロッパー系はマンションの建物や設備に関する知識が豊富であり、スタッフの人数も多い傾向にあります。もちろんそれぞれメリットもあればデメリットもあるので、しっかり比較して選び方の基準の一つにしておきましょう。

適切な料金が相場を調べて選ぶことが大切

戸数や階数といった規模により、管理会社に依頼した時に必要となる費用に違いが生まれるのはもちろんのこと、立地による違いもあります。最寄駅からの距離やエリアなど様々な条件により、費用には違いが生まれますが、ある程度相場があることは間違いないので選び方で悩んだ時にはしっかり確かめておくことが大切になってくるのではないでしょうか。もちろん安ければ良いというものではないので、サービス内容にもきちんと注目しておくようにするべきです。複数に相談することにより対応の良し悪しを知ることができたり、料金の内訳が明確であり透明性がある依頼先はどこか知ることにもつながります。

サポート内容に注目しておくことが大切

一口にマンションの管理会社といっても、サポート内容は依頼先による違いがあるのできちんと確認しておかなくてはなりません。一般的には事務管理や管理員の配属だったり、建物や設備管理、そして清掃や緊急事態が起きたときの対応などがあげられます。選び方のポイントの一つとなるのが、どの程度のサポートを求めているのかという点があげられます。点検業務や報告業務など内容は同じでも、実際にそれを行う管理会社のスタッフの能力により結果には大きな違いが生まれるので気を付けましょう。実際の担当者の実績や資格、担当している物件数などにも注目しておくべきです。担当者がイマイチだと感じた場合には、変更してもらえるのかも契約する絵に確認しておきましょう。