携わりをバトンタッチすることができる

今は、マンションの管理を委託することが一般化しています。そのメリットは管理組合員の負担軽減があるでしょうし、理事の手も減るでしょう。委託するからには、委託費が発生しますが、これは管理する規模によりますし、どこまで任せるかにもよります。もちろん、管理人としてマンションの一室に住み、入居者とのコミュニケーションを図る場合もありますし、そのほうが入居者も安心感があるでしょう。管理人がいることによるセキュリティー面もあるでしょうし、毎日の清掃による美化もあるでしょう。その物件の価値を維持するために管理人は建物に関する内容に携わります。

今の状況を脱するためのイベントにも利用

管理会社に委託するのは、プロフェッショナルだからです。管理組合員は入居者から選出されますから、組合員になったからといって、何をすべきか、そこまでは判断できないでしょう。最近では先にあげたように、周辺のゴミ清掃などの美化運動を開催するケースもあれば、時期的なイベントを開催するケースもあります。これによって、入居者同士の繋がりを強化したり、それこそ、空室が目立つならば、入居者を募集するためのパフォーマンスにもなるでしょう。夏には夏祭りを開催するのも一例ですし、今ならば、自然災害などの不安要素を払拭するためにも避難訓練を行うところもあります。避難訓練を開催することで、逃げ遅れる入居者の把握であったり、備蓄品の見直し、さらに避難する際の共有スペースの問題点などが手に取るように分かるでしょう。こうした内容を、組合員が計画するだけでなく、管理会社が立案する場合もあります。

委託するメリットは義務を守れるから

管理会社に委託する内容としては、借主が守らなければならない義務を怠る場合の対処、対策がしっかりできることにあるでしょう。こうしたことを、昨日、今日構成された組合員ができるともいえません。もちろん、新人ばかりを組合員とすることはありませんが、なるべくならば、委託するのが利便性があります。例えば、家賃を支払う義務があるが支払われない、借りた一室を壊したり、汚したりしないように注意深く使う義務がありますが、それと同時に、貸主は修繕工事をするということも守らなければなりません。そのマンションの耐震性、耐久性などに関しては、管理者の守るべき義務です。契約終了後は、備え付けたものを取り外し、元に戻して返還する原状回復義務が借主の守るべき義務ですが、実際問題、トラブルになることが大半ですから、それに対応できるのが委託する上での最大のメリットでしょう。組合員だけで決めることも避け、必ず、借主にも委託してよいかを問いましょう。

当社は不動産管理業界の先駆けとなったライフサービスに代表されるように、常にお客様にとって満足度の高いサービスを提供しております。 これまで800以上のマンションをコンサルティング、管理サービスを提供してまいりました。 分譲、賃貸マンションやあらゆるビル、施設の修繕工事の請負や清掃業務、コンサルタントに至るまであらゆる管理を請け負っております。 安心のマンション管理は株式会社ライフポート西洋へお任せ